COLUMN コラム・症例集

ギネス認定!歯周病は世界で最も蔓延している感染症!

こんにちは、衛生士の佐藤です。
今回は歯周病についてお話していきたいと思います。

身近にひそむ歯周病。私たちが打ち勝つには??

まず、皆様にお尋ねします。
『歯医者を受診しようと思ったきっかけは何ですか?』
おそらく、多くの方が
『歯に穴があいた』『被せものがとれた』『歯がうずく、しみる』
といった、理由が多いのではないでしょうか?

また、その治療をする前の検査で思いもよらなかった、
歯周病について指摘された方も少なくないはずです。
『え?まさか・・・気づかなかった』『どこも痛くないし、そんな訳ない』
そう思われても仕方ないと思います。
歯周病は、大抵は無症状に静かに進行していく怖い病気という事です。

こんな経験ないですか?
『歯肉から出血した。でも頑張って磨いてたらそのうち、出血は止まった』
そうやって、静止期と活動期を繰り返し、静かに少しずづ進行していきます。

『歯が揺れて噛めない』『歯と歯の間のあちこちに物が挟まって大変』など、
自覚症状が出たときには、回復が難しい状態になっている事が多い病気なのです。

また、『歳をとると歯が抜ける』
これは誤った考えなのです。

『え?おじいちゃん、おばあちゃん入れ歯の人多いよね?』
と思われると思います。

確かに、人間の歯は、歳をとるに従って弱くはなっていきます。
でも、これは『加齢』だけが原因なのではありません。
加齢に伴って高まるのは歯周病の進行するリスクなのです。
自然に歳をとったら抜けるわけではありません。
歯周病のリスク+度重なる治療により歯を失っていくのです。


当院でも、80代で20本以上の歯を健康的に保たれている方もたくさんいらっしゃいます。
きちんとしたセルフケア、定期健診でのメインテナンスを続ける事により、
お口の中の健康を保つことは可能です。

幸せに感じることは、人それぞれですが、
『美味しく食べること』多くの人が感じる幸せなことの一つだと思います。
それが当たり前にできるために、歯が悪くなってからの『治療』ではなく、
治療が必要ない状態にお口の中を健康的に保つ、将来の為の『予防』がとても
大事だと私達は考えています。

歯周病は怖い病気ではありますが、それを予防することは可能です。
『歯を治す』から『歯を守る』へ
とも歯科クリニックでは、そんな事を考えながら、日々診療をしています

解決事例一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

とも歯科クリニックへのご相談などは
お気軽に以下のフォームから
お問い合わせくださいませ。